歯科治療最前線

できるだけ削らずに歯列を整える「ダイレクトボンディング」

「ダイレクトボンディング」は、健康な歯をできるだけ削ることなく“きれいな”歯牙形態や歯列を形成していく審美治療です。ですが、その材料や接着技術の進化によって、さまざまな応用が可能になっています。欠けた歯の修復や、すり減りによる咬合不正にも対応します。しかし、きれいに仕上げるには“芸術家にも通じる”特別な手技が歯科医に求められます。

森照朝(もりあきとも)

医療法人社団森和会 森歯科医院

森照朝(もりあきとも)

東京都出身 東京歯科大学歯学部卒業
「ダイレクトボンディング」のお話を伺った森氏は、毎年米国審美学会に参加し最新の審美治療を取り入れている。材料や接着技術が向上した事により歯をほとんど削らずに歯の色や形を整えられる「ダイレクトボンディング」を積極的に提案する。

日本顎咬合学会ほか

「ダイレクトボンディング」という言葉は、あまり聞き慣れません。どのような治療法なのでしょうか?

歯質に対する侵襲を最小限にして、コンポジットレジン(プラスチックの詰め物)によって審美的な修復をする治療法です。
「歯をきれいにしたいけど、歯をたくさん削ってセラミックを入れることには抵抗を感じる」という患者さんに向いています。
まず、「ダイレクトボンディング」で形や色を整えた後、やはりセラミックの差し歯に代えたい場合は対応できます。しかし、1度差し歯にしてしまうともう元には戻せなくなるからです。
他の治療と同様に、事前に正確な診査診断を行うことが治療後の長期安定につながります。患者さんの全身疾患、年齢、咬合、歯周組織、残存歯質などを診査診断し、診断用模型で最終形態をイメージできると、さらに精度が上がります。
この治療の最先端である米国を中心に「ダイレクトボンディング」の材料や接着技術が進化し、欠点が改善されてきた結果、安全性、耐久性、審美性、表面の艶が高まりました。
現在、コンポジットレジンは大きく3つに分けられます。エナメル質に似ている「マイクロフィラー」、象牙質に似ている「マイクロハイブリッド」、耐着色、耐プラーク性に優れた「ナノフィラー」です。さらにオレンジやホワイト、黄色などの色づけも可能です。
ただし、この治療は手技が難しくすべての歯科医ができるわけではありません。できる限り健康な歯を残すための技術、患者さんの他の歯と色が調和するように20色以上の素材から最適なものを選び、さらに色合わせのセンスが必要だからです。また、保険外なので歯科医によって金額が変わります。

審美性を高める治療法として有効なことがわかりました。そのほか歯のトラブルに対応する目的でもこの治療法は使えますか?

ファイバーリボンやファイバーコアを併用することで、金属アレルギーを解消するメタルフリー修復、破折した前歯の修復、歯と歯の間が開いている離開歯列の修復が可能になりました。自分の歯だけでなく、一部のセラミックやレジンとセラミックのハイブリッド素材が欠けてしまった場合の修復もできます。
もちろん、「ダイレクトボンディング」治療をした歯が欠けたり、削れたり、すり減った場合、何度でも修復が可能です。
また、噛み合わせが悪い咬合不正の患者さんに対して、咬合面の回復治療や、すり減った歯冠のかさ上げをする咬合挙上治療として「ダイレクトボンディング」を応用した「ダイレクトクラウン」などによる修復を提案することがあります。
ただし、噛む力が強い、歯ぎしり、全顎的な不正咬合があるなどの理由で、あまりに修復頻度が高い患者さんには他の素材の補綴物での修復を勧めます。
「ダイレクトボンディング」は診査診断、仕上がりを示すワックスアップ模型での確認などが終了していれば、1日で修復治療が完了します。それから1週間程度の期間をかけて噛み合わせなどの確認をして、本研磨して仕上げを行います。以後は、経過観察して、必要に応じてメンテナンスを続けていきます。
最大のポイントとしては最終的な審美治療としてだけでなく、そのシミュレーション、短中期的治療、咬合回復治療としても有効な治療です。

「ダイレクトボンディング」による治療

「ダイレクトボンディング」による治療

Point

歯科医+αの技術が必要

「保険の範囲内のCR充填」に用いる素材の色や材質は限られていますが、患者さんの歯の色は千差万別です。そのため、「自費治療におけるダイレクトボンディング」では患者さんの歯の色に合わせて調整し、美しい形に形成していく技術は、歯科医というより、画家や彫刻家などの芸術家に通じるところがあります。また、きれいな形に仕上げても時間の経過とともに素材はわずかながら収縮していきます。それを予見できる経験も必要ですから、治療できる歯科医は限られます。

医療法人社団森和会 森歯科医院

医療法人社団森和会 森歯科医院
住所
〒143-0016
東京都大田区大森北1-11-18 大森ハウス201
JR京浜東北線「大森」駅より徒歩2分
電話番号
03-3765-0418
URL
http://oomori-moridentalclinic.com
PAGE TOP